APIへの接続

REST、GraphQLまたはSOAP APIに接続します。

HTTP、GraphQLまたはSOAP APIへのリクエストをRetoolで実行できます。多数の開発者は、独自の内部APIからデータを取得し、Tableにデータを表示してからデータ(パスワードのリセットなど)を独自のAPIにpostします。しかし、Stripe、Salesforce、SlackなどのAPIにRetoolを接続することもできます。

URLパラメーター、ヘッダーおよびCookieを設定できるインターフェイスで、RESTリソースにクエリーを実行します。

httpbinへの`POST`httpbinへの`POST`

httpbinへのPOST

認証に関するヘルプが必要な場合は、認証のガイドを参照してください。

📘

ビデオ: RetoolにAPIを接続する

APIをRetoolに接続する基本についてのビデオ・ウォークスルーを用意しました(こちら( English ))。

APIリクエストのJSON本体

デフォルトでは、キー/値インターフェイスを使用して、JSONオブジェクトを容易に構築できます。さらに複雑な構造を作成するには、次のように、キーの子としてオブジェクトをネストできます。

別の方法として、キー/値インターフェイスから切り替えて、カスタムJSONを送信することもできます。以下に、上記と同等のクエリーを示します。これが機能するには、Content-Typeヘッダーを指定する必要があります。

🚧

JSONの書式設定は、最初は少し分かりにくいかもしれません

文字列である値の場合は、必ず{{ }}を二重引用符で囲みます。
ブールまたは数値である値の場合は、{{ }}を二重引用符で囲まないでください。
オブジェクトまたは配列である値の場合は、JSON.stringifyの内部で値を囲みます。

正しく書式設定する方法は、少し混乱する可能性があるため、別の簡単な方法として、次のように、オブジェクト全体を動的に作成します。

SOAP API

SOAP APIは、同様に実行することができます。SOAP API( English )を参照してください。

ファイルのアップロード

Retoolでは、現在、ファイルをアップロードする方法が2つ用意されています。

  • メタデータを含まないバイナリ・ファイルをアップロードする
  • FormDataを使用してファイルをアップロードする

以下に、簡単な例を示します。

filepickerコンポーネントfilepickerコンポーネント

filepickerコンポーネント

ボタンを使用すると、ユーザーはアップロードするファイルを選択できるようになります。上記のスクリーンショットで、ファイルが選択されると、uploadFileが実行されます。

バイナリを使用したアップロード

FormDataを使用したアップロード

その他の機能

ユーザーの電子メールまたはGoogle IDなどのユーザーの特定の情報を自動的に追加するにはどうすればよいですか

📘

Retoolのオンプレミス・ユーザーのみ利用可能

Retoolで実行するAPIリクエストに、リクエストを実行したユーザーに関する情報を含める必要がある場合、APIリソース設定画面で2つのマジック定数を使用できます。

%USER_PRIMARY_EMAIL%
%USER_GOOGLE_ID%

例えば、すべてのAPIリクエストに、X-User-EmailおよびX-User-Google-Idという追加のヘッダーを含める必要がある場合、次のスクリーンショットのように、2つの新規リソース・ヘッダーを追加することができます。