グラフの表示

棒グラフと折れ線グラフはデータを視覚的に表示する方法として優れています。これらのグラフを使用してデータの時系列的な変遷を表示したり、様々なデータセットを相互に比較したりすることができます。RetoolではBar Chart(棒グラフ)コンポーネントとLine Chart(折れ線グラフ)コンポーネントを用意しています、素早くかつ簡単にデータを表示することができます。

Bar ChartコンポーネントとLine Chartコンポーネントは、コンポーネント・メニュー内のData Displayという見出しの下に列挙されています。

棒グラフ/折れ線グラフの追加

棒グラフまたは折れ線グラフを追加するには、Bar ChartまたはLine Chartをキャンバスにドラッグします。

グラフのラベルのカスタマイズ

コンポーネントのプロパティ・メニューで、グラフのラベルをカスタマイズできます。

  1. X Axis Labelフィールドで、X軸のラベルを変更します。入力したとおりにグラフは自動的に変更されます。
  1. Y Axis Labelフィールドで、Y軸のラベルを変更します。入力したとおりにグラフは自動的に変更されます。
  1. Labelsフィールド内の配列を変更して、Y軸のラベルを変更します。これらのラベルによって、データがどのようにグループ化されているかを知ることができます。この例では、["Jan", "Feb", "Mar", "Apr"]というラベルによって、データが月単位でグループ化されていることが分かります。

📘

注意

文字列を使ったラベルは引用符で囲む必要があります。数字を使ったラベルは引用符で囲む必要はありません。例えば、["Jan", "Feb", "Mar", "Apr"][1, 2, 3, 4]のようになります。

系列データのカスタマイズ

Retoolでは系列の名称、値および色をカスタマイズすることができます。

dataset1という名称のデフォルトの系列を使用してグラフにデータが自動的に入力されます。このデータセットは、Data Setsの下にあるプロパティ・メニューでカスタマイズすることができます。

  1. 系列のラベルをカスタマイズするには、Series labelフィールドの内容を変更します。入力したとおりにグラフ上のラベルは自動的に変更されます。
  1. データの値をカスタマイズするには、Valuesフィールド内の配列を変更します。この例では、[1, 4, 9, 16]という値は各月(1月~4月)のアクティブ・ユーザー数を示しています。

📘

注意

既存のクエリーへの参照を使用することもできます。例えば、{{query1.data}}と記述することができます。

  1. Colorプロパティのボックスに16進数のカラーコードを入力することで、系列の色をカスタマイズします。CSSで使用する標準的な16進数のカラーコードやblueなどの通常の名称を使用することもできます。

系列の新規追加

系列を新規追加するには、Data Setsプロパティの末尾にあるAdd Seriesボタンをクリックします。

これにより、既存のデータセットとは異なるデフォルトの色を使用して、新規のデータセットが作成されます。「グラフのラベルのカスタマイズ」と同じ手順で、このデータセットをカスタマイズします。

系列の削除

系列を削除するには、削除したい系列のデータセット・プロパティの末尾にあるRemove seriesボタンをクリックします。

🚧

注意

グラフから系列を削除した場合、アプリのHistoryからのみその系列を抽出することができます。