GCS/S3リソースを使用した複数のファイルのアップロード

Support selecting multiple filesオプションが有効になっているFile Pickerコンポーネントがあり、また、選択したすべてのファイルを、接続済みのリソースを使用してGCSまたはAWS S3にアップロードする必要があります。

これをわずか数分で行います。

以下の2つのクエリーを作成する必要があります。

  1. File Picker内のファイルを順次処理し、2番目のクエリーをトリガーするJavaScriptクエリー。
  2. GCS/S3リソース用のアップロード・クエリー。このアップロードは処理対象のファイルごとに実行されます。

JavaScriptクエリーの作成

  • JavaScriptクエリーは、for()ループを用いてFile Picker内のファイルを順次処理します。
  • ファイルごとにアップロード・クエリー(この例ではuploadtos3)がトリガーされます。
async function go() {
  for (let i = 0; i < filepicker1.file.length; i++) {
    await uploadtos3.trigger({ additionalScope: { i: i } })
  }
}

go()

アップロード・クエリーの作成

この例では、uploadtos3はS3リソースに対するクエリーになります。

S3にポストするデータを以下に示します。

データ

S3 Action

Upload data

Bucket name

your-bucket-name

Export File Type

Binary

Upload File Name

{{ filepicker1.file[i].name }}

Upload Data

{{ filepicker1.file[i] }}