DynamoDBのインテグレーション

Amazon DynamoDBをRetoolで照会します。

DynamoDBはAmazonの非リレーショナル型マネージド・データベースです。RetoolをDynamoDBに接続すると、内部ツールからユーザーのデータにアクセスできます。

DynamoDBの接続

まず、IAMに移動し、retool-dynamodbという名前の新規ユーザーを作成します。「Programmatic access」のみを有効にします。

「next」をクリックして、アカウントにアクセス許可を付与します。アカウントにDynamoDBへの完全なアクセス許可を付与するのが最も簡単ですが、アクセス許可をさらに制限することもできます。新規ポリシーを作成して、そのポリシーをユーザーにアタッチする必要があります。以下に、JSON IAMポリシーの例を示します。セキュリティのニーズに合わせて変更することができます。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Sid": "VisualEditor0",
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "dynamodb:ListTables",
                "dynamodb:DeleteItem",
                "dynamodb:ListTagsOfResource",
                "dynamodb:DescribeReservedCapacityOfferings",
                "dynamodb:DescribeTable",
                "dynamodb:GetItem",
                "dynamodb:DescribeContinuousBackups",
                "dynamodb:DescribeLimits",
                "dynamodb:BatchGetItem",
                "dynamodb:BatchWriteItem",
                "dynamodb:PutItem",
                "dynamodb:ListBackups",
                "dynamodb:Scan",
                "dynamodb:Query",
                "dynamodb:DescribeStream",
                "dynamodb:UpdateItem",
                "dynamodb:DescribeTimeToLive",
                "dynamodb:ListStreams",
                "dynamodb:DescribeGlobalTableSettings",
                "dynamodb:ListGlobalTables",
                "dynamodb:GetShardIterator",
                "dynamodb:DescribeGlobalTable",
                "dynamodb:DescribeReservedCapacity",
                "dynamodb:DescribeBackup",
                "dynamodb:GetRecords"
            ],
            "Resource": "*"
        }
    ]
}

ユーザーを作成したら、Retoolに戻ります。DynamoDBに接続するには、AWSのアクセス・キー、シークレット・キー、DynamoDBインスタンスのリージョンが必要です。Resourcesに移動してAddをクリックし、オプションの中からDynamoDBを選択します。

DynamoDBの設定画面DynamoDBの設定画面

DynamoDBの設定画面

リージョンを選択して資格情報を入力したら、Saveを押して接続をテストします。これで、リソースをクエリーに使用できるようになります。

DynamoDBの照会

リソースを設定したら、アプリケーション内でDynamoDBのクエリーを作成できます。アプリケーションを新規作成するか既存のアプリケーションを開き、クエリー・エディターを開きます。リソース・オプションの中から、新規作成したDynamoDBリソースを選択します。インターフェイスは次のようになります。

照会したいテーブルと実行したいクエリーのタイプを選択します。Retoolは、各項目のCRUD操作、テーブルの照会、およびテーブルのスキャンに対応しています。フィールドの詳細については、AWS DynamoDBガイドを参照してください。

🚧

クエリーの結果はquery1.data.Itemsにあります

Dynamoのクエリーとスキャン・タイプのクエリーは、queryName.data.Itemsキーに結果の配列を返します。

クエリーをより細かく制御したい場合は、クエリーに渡されたパラメーターのオブジェクトをJSONパラメーター・エディターで直接編集することができます(TableNameなどのフィールドを使用)。この方法で、元のアプリケーションやドキュメントから直接クエリー例をコピーすることができます。