Slackのインテグレーション

SlackをRetoolに接続します。

1. Slack Webhookの作成

まず、Slackの「Incoming Webhook」を設定します。https://my.slack.com/apps/new/A0F7XDUAZ-incoming-webhooks

チャンネルを選択してWebhookを作成すると、Webhookの詳細と使い方で構成された設定画面が表示されます。「Webhook URL」を控えておいてください。URLのフォーマットは以下のとおりです。

https://hooks.slack.com/services/xxx/xxx/xxx

Slack > Custom Integrations > Incoming Webhooks > New Configuration

2. Retoolへの追加

Retoolで新規リソースを作成し、typeで「Slack」を選択します。Webhook URLを入力します。完了したら「Save」を押します。

Resources > Add > Slack

3. クエリーの作成

これで、Retoolアプリケーション内でクエリーを作成するときに、新規作成したSlackのリソースをResourceドロップダウンから選択できるようになりました。現在は、プレーンテキスト・メッセージのみに対応しています。

Slackのクエリーをプレビューすると、Slackのワークスペースにメッセージが送信されますSlackのクエリーをプレビューすると、Slackのワークスペースにメッセージが送信されます

Slackのクエリーをプレビューすると、Slackのワークスペースにメッセージが送信されます