機能フラグの切り替え

ユーザーごとに機能フラグを切り替えるツールを作成します

多数の機能がある複雑な製品があります。ユーザーごとにこれらの機能を管理するツールが必要です。作成にかかる時間は、5分です。


Retoolアカウントがまだない場合は、まずアカウントを作成します。
アカウントの作成

1. ユーザーの取得

最初に、ユーザーを取得するAPIへのリクエストを作成します。サーバーに対してRESTクエリーを作成し、Runをクリックして(⌘⏎を押して)、クエリーをプレビューします。結果がよければ、Saveをクリックして(⌘Sを押して)保存します。タブ内のクエリー名をクリックすると、getUsersのような、query1よりも分かりやすい名前を付けることができます。

`results.preview`でユーザーのプレビューを表示できます`results.preview`でユーザーのプレビューを表示できます

results.previewでユーザーのプレビューを表示できます

APIから取得したデータがあります。見やすいようにテーブルでデータを表示しましょう。右側からテーブル・コンポーネントをページにドラッグし、デフォルトのデータ値を{{ getUsers.data }}に置換し、クエリー・データをテーブルに読み込みます。

テーブルがクエリー・データに接続されていますテーブルがクエリー・データに接続されています

テーブルがクエリー・データに接続されています

テーブルに列が多数表示されているので、一部の列を非表示にすることが必要になる場合があります。例えば、address列はあまり重要ではないようです。この列をテーブル設定で非表示にできます。"Column Options"の下に、列のリストが表示されます。ここで、表示名など、テーブルの列の多数のプロパティを変更できます。今は、address列を非表示にしましょう。

`address`列のオプション`address`列のオプション

address列のオプション

一部の列を非表示にすると、テーブルが非常に見やすくなりました。

2. 機能の表示

ここで、ユーザーに対して有効にする機能を確認する必要があります。トグル・リスト・コンポーネントを使用します。これは、機能のフラグ設定に適しています。機能ごとに、トグル・リストでトグルを作成できます。

リストされた機能に説明およびタグを追加することもできますリストされた機能に説明およびタグを追加することもできます

リストされた機能に説明およびタグを追加することもできます

では、ユーザーに対して有効になっている機能を実際に確認できるように、ライブ・データが含まれるトグル・リストを接続しましょう。テーブルのユーザーに基づいて各トグルのToggle Checked?属性を動的に設定するには、{{ table1.selectedRow.data.feature_flags.feature1 }}(データ構造で同等のもの)に設定します。選択した行を変更して、値が変更されるのを確認してみます。

3. 機能の編集

あと一息です。残っている作業は、これらのフラグをバックエンドに接続することです。これを行うには、機能を有効または無効にするクエリーを作成します。新規RESTクエリーを作成して、これにturnOnFeature1という名前を付け、エンドポイントをサーバー上に作成してユーザーの機能を有効または無効にします。POSTリクエストを送信して、フォームエンコード済み本文としてデータを送信できます。

`userId`が、テーブル内の選択されたユーザーの`id`に動的に設定されます`userId`が、テーブル内の選択されたユーザーの`id`に動的に設定されます

userIdが、テーブル内の選択されたユーザーのidに動的に設定されます

このクエリーを使用すると、実行時に、選択したユーザーに対してfeature1が有効になります。ここで、これをfeature1トグルにリンクする必要があります。トグル・リストのプロパティで、feature1トグルを変更します。"Query to run when toggled on"を、作成したturnOnFeature1クエリーに設定します。

トグルがオンになると常に、`turnOnFeature1`がトリガーされますトグルがオンになると常に、`turnOnFeature1`がトリガーされます

トグルがオンになると常に、turnOnFeature1がトリガーされます

これにより、ツールがバックエンドに接続され、変更が永続的なものになりました。ここで、トグルをオフにしたときに実行するクエリーを作成する必要があります。これは、enabledtrueではなく、falseになっている点以外、turnOnFeature1クエリーと同様です。これをturnOffFeature1と呼びます。クエリーを作成すると、"Query to run when toggled off"をturnOffFeature1に変更することで、これをアクティブ化できます。

この時点でトグルで実行でき、効果を確認できます。これはデータベースに接続され、変更が永続的になっています。他の機能に対してこの処理を繰り返すと、機能フラグを切り替える完全なツールの作成が完了します。

4. 実際の使用

このツールの本番での稼働の準備が完了しました。リンクを同僚に送信すると、同僚はこのツールを使用して個々のユーザーの機能フラグをすばやく変更できるようになります。必要であれば、ユーザーの検索フィールドや変更の承認フローを追加することもできます。

オペレーターに特定の権限を付与している場合、オペレーターはツールの編集やクエリーの変更を行うことはできません。実行できるのは、作成したツールを使用することだけです。

機能フラグを切り替えるツールの作成にかかった時間は、全部で5分です。


内部ツールを作成しますか?
アカウントの作成