SQLによる照会

SQLで、SQLデータベース以外のデータを照会できます。データがSQLデータベース内のものでない場合、オブジェクトの配列であることが考えられます。Retoolでは、SQLを使用して、データをデータベースのテーブルであるかのように照会できます。つまり、REST APIエンドポイントの結果またはGoogle SheetsデータをSQLで照会できます。

JSONオブジェクトを変換するクエリーの作成

JSONオブジェクトの配列が手元にある場合は(例えば、apiData.data内)、それを以下のようにQuery JSON with SQLリソースで照会できます。

🚧

厳密にはSQLとは異なります

実際には、データがPostgresのようなSQLデータベースに格納されているわけではないので、一部のSQLは機能しない場合があります。予想どおりに機能しない場合は、以下のAlaSQLドキュメントで詳細を参照することができます。

JSONの照会

以下のように、FROM句でJSONを照会できます。

select
  *
from
  {{ [{ id: 1, apples: 3 }, { id: 3, apples: 20 }] }}
where
  apples > 5

2つのJSON配列の結合

SQLによるJSONの照会では、従来のSQL結合がサポートされています。

select *
from {{ usersApi.data }} as users
join {{ paymentsApi.data }} as payments
    on users.id = payments.userid

🚧

SQLクエリーからのデータはオブジェクトの配列として返されません

データをオブジェクトの配列として使用する必要がある場合は、以下のようにヘルパー関数formatDataAsArrayを使用できます。

{{ formatDataAsArray(sqlQuery.data) }}