ディープ・リンク

共有しやすいようにURLにページ状態を格納します。

アプリケーションの状態をURLに同期させることができます。これにより、特定のレコードに直接リンクできます。そのようにすると、手動操作なしで、特定のユーザー、およびユーザーの特定の購入品へのリンクを送信できます。

例えば、ユーザーと購入品が存在し、それら両方を検索するページを構築したとします。現在の状態、ここではJanetが選択されており、購入品1979が表示されている状態を、友人と共有する必要があるとします。

Janetが選択されており、彼女が購入したID 1979の品目が表示されていますJanetが選択されており、彼女が購入したID 1979の品目が表示されています

Janetが選択されており、彼女が購入したID 1979の品目が表示されています

ディープ・リンクを使用すると、URLをコピーして貼り付け、それを友人に送信するだけで済みます。ディープ・リンクを使用しない場合は、アプリケーションのリンクを送信し、友人に、「ja」と入力し2番目のユーザーを選択してから購入品1979を選択するように指示する必要があります。これは、はるかに手間がかかります。

ディープ・リンクを使用するには、次の手順を実行します。

  1. ファイル・メニューを開いてURL parametersをクリックし、URL Parametersエディターを起動します。
  1. ユーザーが値を検索するか、ユーザーを選択するか、購入品を選択するたびに、ページのURLが自動的に更新されるようにする必要があります。そのためには、パラメーターを設定します。
URLにページ状態を格納しますURLにページ状態を格納します

URLにページ状態を格納します

これで、ページのURLが https://yourdomain.tryretool.com/presentation/UsersDashboard#customerId=45&purchaseId=1979&searchTerm=ja のようになります。

  1. この時点では、一方向の同期が機能しています(ページ状態が変わる -> URLが変わる)。しかし、反対方向にも同期させる必要があります。これらのパラメーターでアプリケーションを開いた場合に、検索ボックス、およびテーブル内の選択されている行を正しく設定する必要があります。そのためには、後半にも入力します。
URLからページ状態を読み取りますURLからページ状態を読み取ります

URLからページ状態を読み取ります

これで、URL https://yourdomain.tryretool.com/presentation/UsersDashboard#customerId=45&purchaseId=1979&searchTerm=ja を開くと、選択した正しいユーザーおよび購入品が表示されるようになります。