保護済みアプリケーションの使用を開始する

このガイドでは、保護済みRetoolアプリケーションに変更を加えるワークフロー全体の概要を説明します。

🚧

このガイドでは、Retoolインスタンスに対して保護済みアプリケーションの設定を構成していることを前提としています。

サンプル・アプリケーションはカスタマー・ダッシュボードです。これにはタイトルとテーブル・ビューがあり、カスタマーのリストが表示されます。テーブルの右側に詳細ビューを追加します。

カスタマー・「ダッシュボード」カスタマー・「ダッシュボード」

カスタマー・「ダッシュボード」

アプリケーションのインポート

編集する既存のRetoolアプリケーションがない場合、このガイドで使用されるアプリケーションをインポートできます。最初に、protected-applications-tutorial.jsonファイルをダウンロードします。保存したら、これをRetoolにインポートします。

Create new > Import an appCreate new > Import an app

Create new > Import an app

Create appCreate app

Create app

アプリケーションの保護

編集するアプリケーションが用意できたので、保護を有効にする必要があります。Appsページ (https://retool.example.com/apps)で、アプリケーションを見つけます。メニューで、「Protect app」を選択します。

アプリケーションを保護しますアプリケーションを保護します

アプリケーションを保護します

確認ダイアログがポップアップ表示されます。「Add protection」をクリックします。

保護の追加ダイアログ保護の追加ダイアログ

保護の追加ダイアログ

アプリケーションの名前の横に、保護済みの青いバッジが表示されています。よく見ると、EditボタンとPreviewボタンがドロップダウン・ボタンになっています。

ブランチの作成

Editをクリックして「Create new branch」オプションを選択します。

Retoolエディターが表示されています。右上に、ブランチでアプリケーションを編集していることが確認できます。ブランチで行われた変更は、既存のアプリケーションに影響を及ぼしません。

ブランチ名は自動的に生成されています。別の名前にしたい場合は、アプリケーション・メニューを開き、「Rename branch」をクリックします。

テーブルの横にキー/値のマップをドラッグして、テーブルの選択した行が表示されるように構成します。

変更のコミット

変更が終わったら、その変更をコミットしてGitHubにプッシュする必要があります。右上隅にあるCommitボタンをクリックします。変更内容の説明を入力します。変更の差分も表示されます。これには新しいキー/値コンポーネントが含まれています。すべて問題がなければ、青色のボタンをクリックしてこれらをGitHubにプッシュします。

プル・リクエストを開く

変更をコミットしたら、プル・リクエストを開いてレビューした変更を取得します。Commitボタンの左にあるメニュー・ボタンをクリックして、「Open a pull request」を選択します。GitHubにリダイレクトされます。プル・リクエストの作成を完了します。

説明に、ブランチでの変更をプレビューするリンクが移入されています。

変更のマージ

変更に問題がなければ、GitHubを使用してこれらをリポジトリーのメイン・ブランチにマージします。この場合、コミットをスカッシュしようとしています。マージ・ボタンは「Merge pull request」または「Rebase and merge」とも表示される場合があります。

数秒後、変更がRetoolアプリケーションのメイン・ブランチに表示されます。詳細ビューはテーブル・ビューの右横に表示されます。

アプリケーション保護の削除

アプリケーションの保護はいつでも解除することができます。Appsページのアプリケーション・メニューで「Remove protection」を選択します。保護を解除してもよいか確認するダイアログがポップアップ表示されます。